転職先が合わないときの対処法

有為の人材になる方法

転職先 合わない

(転職債が合わないときは辞めるべき?続けるべき?具体的な判断基準と転職活動の考え方を解説します)

  • 転職先の上司や同僚、雰囲気が合わない
  • 仕事内容や業務量が合ってない
  • 辞めたいと思っているけど、転職先が見つかるか不安

転職した先が合わず、このように悩んでいる人は多いでしょう。

こうした不安をクリアにし、これからのキャリアをどのように構築すればいいのか、解説していきましょう!

転職先が合わない…半年~1年で辞めるのはダメ?

転職先が合わないとすぐ感じる原因は上司や同僚、社風といった環境、仕事の進め方への戸惑いといったことが多いでしょう。

合わないと感じ、すぐ辞めることは本当にダメなのかと言われると、「理由による」いうのが答えです。

客観的みて辞めたいと思っている理由が長いスパンで続く、全く改善する余地がない場合は辞める決断をするのも一つの選択でしょう、

しかしすぐに辞めることは結論から言えば、次の転職にマイナスな影響を与えますし、あまりオススメはできません。

そのため、しっかり辞めるべき理由なのか、見極める必要があります。

すぐに辞めるべきではないケース

すぐに辞めるべきではないケースとは、具体的には以下のような場合です。

転職先が「合わない」と感じてもすぐに辞めるべきではないケース


  • 時間が解決してくれる理由
  • 自分が成長すれば解決する理由
  • 社内全体の問題ではない理由
  • 変化があれば解決する理由

それぞれの理由について順番に解説します。

時間が解決してくれる理由

直属の上司や同僚と合わない
→異動や昇進、退職がある中で5年、10年経った時に同じ状況だとは考えづらい

自分が成長すれば解決する理由

前職と仕事の進め方が違うため、戸惑いストレスがかかっている
→成長したときに状況が改善することが大いに考えられる

社内全体の問題ではない理由

人間関係に悩んでいる
→体育会系な雰囲気、セクハラ・パワハラなどを黙認するなど社内全体で合わないと感じている理由ではない場合は解決される場合が多い

変化があれば解決する理由

任せてもらえる仕事が少ない、裁量権がなくやりがいがない
→信頼や上司とのコミュニケーションなどで仕事は変化する可能性が高く、解決される場合が多い

こうしたケースでは、時間が解決してくれ、キャリアを築くうえでは「必要な試練」だと捉えることができることが多いので、もうしばらく見極め期間を持つことが適切といえます。

半年~1年しか経っていなかったとしても転職を検討すべきケース

上記とは反対で、転職を検討すべきケースもあります。

それは端的に言えば、「この会社に長く勤めても、成長もせず、精神的・身体的にも負担がかかりすぎる」というケースです。

具体的には、以下のような点に心当たりがないか、現在の職場をチェックしてみてください。

転職を検討すべきケース


  • 社内の雰囲気が合っていない、この企業の一員として働く気に全くならない
  • 時間が解決してくれない、5年、10年と長いスパンで考えても今の状況が続く
  • 自分の成長で解決しない、または成長できる環境ではお世辞にも言えない
  • 変化がなく固定的、仕事の変化や昇進・昇給、部署異動もなく、今の状況が改善する余地がない

こういう特徴に当てはまる職場にいる場合は、転職も選択肢に入れなくてはいけません。

20代なら何度かの転職失敗はあってまったく問題ない(ただしリミットはあります)

もし、あなたが20代なのであれば、すぐに転職することは大きな選択肢として考えてもいいでしょう。

20代のうちはキャリアをゼロで始めることを企業は許してくれますし、ましてや人手不足の今、あなたのチャンレジ精神を受け入れてくれる企業はいくらでもあります。

行動するのであれば、思い切って行動することがオススメですし、早ければ早いほど転職は有利になります。

例えば、30歳になると、企業は「何ができるのか?」ということを聞いてきます。

20代のうちは、「うちの会社で何がしたいか?」とチャレンジ精神や若さ、活力を大いに評価してくれます。

20代と30代では、転職活動における内定率は約1.7倍変わってきます。

つまり、若さというのは思っている以上に価値があり、若いということを武器に転職を前向きに頑張るということは良い決断になると思ってください。

まずは情報収集だけでも始めてみましょう

もし、まだ迷っているということであれば、情報収集だけでもはじめてみてもいいでしょう。

転職求人サイトに登録してみることや転職エージェントに面談を依頼することなど、はじめられることはたくさんあります。

転職求人サイトでは、転職市場ではどのような求人があるのか、そして自分のスキルや性格が活かせそうな会社はどのような会社なのかを考えてみてください。

また、転職エージェントでは、自分が本当に転職するべきなのかを真剣に相談してみてもいいでしょう。

求人サイトだけでは見聞きできない情報を教えてくれますし、転職相談のプロとしてあなたの求めている的確なアドバイスを聞くことができます。

まとめ

転職は人生においてとても大きいイベントですので、迷って当然です。

しかし、今の会社にいても何も変化がなく、成長に繋がらないというのであれば、転職を前向きに考えてみましょう。

それは20代の方も30代の方も変わりはありませんし、チャンスは誰にでもあります。

情報収集をしながら、少しでも前向きに動いていると必ず良い縁がありますし、動くからこそ良い出会いがあります。

今の会社に残って踏ん張り成長に繋げるというのも良いですし、新しい活躍の場を見つけるために転職をすることもいいでしょう。

今一度、転職すべきではないケース、転職すべきケースをご覧いただき、これからの進路を考えてみてくださいね!

投稿日:

Copyright© 有為の人材になる方法 , 2019 All Rights Reserved.